関節痛に効果がある成分とは|グルコサミンで軟骨再生!

錠剤

関節に栄養を与える成分

軟骨を修復したりする成分は小林製薬のグルコサミンですが、水分を与えて細胞を強化するのがコラーゲンという成分です。どちらも関節痛の改善には効果的な成分となっています。

ヒアルロン酸との違い

服用

膝や腕に伴う関節痛は軟骨がすり減ってしまった際に発症するようです。なるべく軟骨をすり減らさないように注意して生活することが大切にはなりますが、基本的に加齢に伴って軟骨はすり減ってしまいます。軟骨がすり減ってしまったときは、グルコサミンなどを摂取して再生させることが大切になります。グルコサミンにはヒアルロン酸という成分が多く含まれており、それが軟骨そのものを生成するそうです。ヒアルロン酸はグルコサミンに多く含まれているので、グルコサミンが不足してしまうとヒアルロン酸も不足してしまうでしょう。不足してしまうとコラーゲンが生成されず、骨に水分がいかなり潤いのない軟骨になってしまいます。水分がなくなってしまうとグルコサミンの恩恵を受けにくくなります。

自然界の食べ物だけでグルコサミンとヒアルロン酸を両方摂取するのはかなり難しいです。たくさん摂取しようとすると栄養が偏ってしまい、不健康な体になってしまう可能性があります。そのようなときはグルコサミンがおすすめです。サプリメントになっているので、軟骨に効果がある成分だけを摂取できます。たくさん摂取してしまうと副作用などが発生してしまいますが、1日の適正量を守れば安全でしょう。ちなみに、自分が持っているアレルギーを確認しておくことも大事になるようです。グルコサミンのサプリメントは口コミや評判でも人気がかなり高いです。自分に合っているか事前に調べてから購入しましょう。

婦人

軟骨を守る成分

小林製薬のグルコサミンには軟骨を再生させる効果があります。また、軟骨がすり減った際に発生した痛みを軽減する効果もあるようです。毎日摂取することで効果を実感できるでしょう。

栄養補助食品

副作用などに注意して摂取

1日の摂取量を守ることで小林製薬のグルコサミンの効果を最大限に発揮できます。それ以上多く摂取してしまうと、副作用というかたちで働いてしまうでしょう。アレルギーなどにも注意したほうがいいです。